西潟正人の魚道場

ホタルイカ

2020.01.15

ホタルイカ

ホタルイカは春の産卵期に、深場から集団で浮上する。富山湾は有名所だが、山陰地方や駿河湾でも珍しくない。2~3㌢ほどの小イカで、発光器をもつことから蛍イカ。夜間の漁は青光りする塊がうごめき、1匹が夜空に飛んだかと思えば、カモメがくわえているのだった。

 

①ホタルイカは、定置網漁で捕獲される。

②水揚げしたら手作業で、ゴミなどを取り除く。

③ホタルイカには旋尾線虫という恐ろしい寄生虫が宿るため、生食は厳禁!

④漁場の漁師は内蔵をすっかり洗い流してから、刺し身にする。市販の生ホタルイカは超定温冷凍や特殊な方法で加工されているので安全だ。

⑤ネギ味噌。ネギと味噌でたたき合える。

⑥ざっくりとたたいて、細かくしない。

⑦ホタルイカのネギ味噌は、酒の肴だ。

⑧加工場でボイルされる、捕れたてのホタルイカ。

⑨釜揚げは、ぷっくりと膨らんでいる。

⑩塩茹でだから、丸ごと食べて旨い。但し、2つの目玉は固いので取り除く。

⑪市販の茹でホタルイカを、再度甘辛に煮る。これも乙な、酒の肴だ。